靴下が蒸れる原因は?蒸れないのはどんな靴下?

こんにちは!!
サーモヘアソックス店長の横山です^^
靴下が蒸れて蒸れて
心地悪いだけじゃなく、
足の皮膚の調子も悪い、、、⤵

汗をよく吸うと聞いて
五本指靴下も試してみたけれど、、、

どんな靴下を履いても、、
結局蒸れる~。。。><

なんて、お悩みをかかえていませんか?

今日は

  1. 靴下が蒸れる原因
  2. 蒸れない靴下選び

についてご案内します。

1.靴下が蒸れる原因

靴下が蒸れる、大きな2つの理由は

  • 靴下の吸汗性が悪い
  • 靴下の放湿性が悪い

 

靴下の吸汗性が悪い」とは?

靴下は足の汗を吸ってくれます。
でも、どんな靴下にも汗を吸える量に限界があるんです。

だから、限界を超えてしまうと、
それ以上吸水してくれないので、
徐々に汗が足にくっついたままになり、蒸れてきます。。。

この吸汗できる量は、
靴下の原材料素材によって大きく異なるのです。

靴下は、
コットン、ウール、ポリエステル、ナイロンを
ちょっとずつ混紡してできた素材(糸)で編まれています。

気温20度、湿度65%の環境で、
繊維が繊維内に含めることができる水分量を
「公定水分率」といいます。

コットン:8.5%
ナイロン:4.5%
ウール(毛):15%

この数値は、
それぞれの素材がどれだけ吸水できるか?
の単純比較ができます。

コットン・ウールは、
ナイロンなど化学繊維に比べると
たくさんの水分を吸収することが出来るんです!

よって、
コットン・ウールの割合が高い靴下
たくさんの汗を吸ってくれることが分かります。

でも、、、
吸汗が良いだけでは蒸れは解消しませんよね…?!
吸った水分を逃してくれないと、結局蒸れるんです。

 

靴下の放湿性が悪い」とは?

「蒸れ」状態を解消するには、
繊維が汗を吸った後、その水分を適度に逃すことが大切です。

コットンは吸水は良いですが、
靴のような密閉した空間では
湿ったままになって徐々に蒸れてきます。

コットンは湿度調節が苦手なんです。

吸った汗の水分を外に逃がして、
湿度を調節してくれるのは ウールなどの毛!

このキューティクルのうろこを開閉しながら
水分を繊維内に閉じ込めたり、逃したりして
まさに呼吸しているような感じに
足にとって快適な湿度を調節できるんです。

ウール繊維顕微鏡写真 ケケン認証センター(http://www.jwif.org/cashmere/cashmere.html

 

2.蒸れないのはどんな靴下?

これまで述べてきたように、
靴下が蒸れる理由は、素材によるところが大きく、

ウール(毛)はダントツに蒸れにくい!

でも、吸汗・放湿が良くても、、、

「夏にウールはむーりー!」
「ウールのチクチク感がダメ!」
って方もいらっしゃいますよね?

それでしたら、
コットンでも、
コットン+ポリエステル、ナイロンでも

素材はなんでも良いので、
パイル編みのソックスを選んでください!

パイルソックスを裏返した足先部分

パイル編みのソックスは、
糸がループ状に立ち上がっているので、
普通の靴下より、
たくさんの汗を吸うことが出来るんです。

例えば、コットンは放湿性は悪い素材ですが、パイルソックスに仕立てられると、それだけで蒸れ感が少なくなって、快適さがアップ⤴

蒸れない靴下をお探しなら、
是非パイルソックスを試してくださいね!^^

ちょっと脱線
今も昔も、登山用の靴下の主流は、毛のパイルソックス!

毎年新素材が生まれている現在でも、登山用靴下の主流は、ウールのパイルソックスってご存知ですか?

汗をかいても、靴を脱ぐことなく、長時間歩き続けることが可能なのは、毛のパイルソックスだけなんです!

吸汗性と放湿性に優れたウール(毛)。

だからこそ、
靴下の蒸れでお悩みの方には、
夏であってもウールのパイルソックスが超オススメ!

びっくりするほど快適ですよ~^^

 

キッドモヘアとサーモヘアソックス

アンゴラヤギの【1才までの子ヤギだけの毛】がキッドモヘア。サーモヘアソックスは、この特別な希少繊維を贅沢に使った最高品質の靴下です。

極上の肌触り
サーモヘアの靴下をぜひ触ってください!キッドモヘアの特別な柔らかさなめらかさ、ウールのようなチクチク感がない抜群の肌ざわりは本当に特別!!
自然な暖かさ
天然の調温・調湿を持つモヘア繊維。汗をよく吸い、ムレません。内側全面5mmパイルが暖かい空気を貯め込み、ほっこりとした快適な暖かさが続きます。
とても丈夫
サーモヘアの靴下は本当に丈夫!私が初めて買ったサーモヘアソックスは、5年以上もヘタらず普通に使っていたんです^^
洗濯機洗いOK!
獣毛の中で最も頑丈なモヘアだから、特別なお手入れなんていりません。
気軽にガンガン使ってくださいね

もっと詳しく »