足が冷たいのに汗をかくのはなぜ?解決策は?

こんにちは。
モヘアソックス大好きな、
サーモヘア店主、横山です。

 

 

「足が冷えているにもかかわらず、
足裏にびっしょり汗をかいていた。」

 

「靴下が湿って
足も靴下も冷たくなっていた。。。」

なんて経験ありませんか?

 

汗っかきの人は、
夏でもこんなことありますよね?

しかし、夏ならまだしも、
冬に足が冷えて、汗びっしょりなんて、、、

考えただけでも、寒くなりますね。。。

 

今日は
足が冷たいのに汗をかいてしまう
お悩みについて、
対策をお話しします。

 

足は常に汗をかいている

人間は常に汗をかいています。

 

気温が低いときでも、
生きている限り、熱が作られ
体が熱くなりすぎないように
手足から熱を逃します。

 

このとき、
水蒸気の汗がでていて、
皮膚から熱が抜けていきます。

 

特に、手の平・足の裏は、
体の温度調節のため、
熱が抜けていく場所。
汗をたくさんかきます。

もともと汗っかきな方は、
普通の靴下では
吸える水分量を超えている場合があります。

靴下が汗を吸い切れないと、
足指には汗が残り、
その汗が冷えて、
足を冷やしてしまうのです。

 

もともと足が冷えているわけじゃないのに、
自分の汗が上手く逃されていないために
足が冷えてしまうなんて、、、
ちょっと悲しい!

 

 

こんな方に、お勧めなのは、

通気性のよい靴下!

足指から出る大量の汗を吸って、
外に逃がすことができれば、
足が冷たくなることはありません!

 

通気性がよい靴下とは?

 

靴下の通気性は
素材によって異なります。

コットンの靴下は、
汗も良く吸い、
肌触りよいですが、
乾くのには時間がかかるんです。

 

ちょっと小難しい話ですが、
それぞれの素材には、
吸水できる水分量の限界があるんです。

 

素材がどれだけの水分を
取り込めるのかの限界値を
「水分吸収率」と呼びます。

 

コットンとウールの水分吸収率を比較すると
(繊維の重さに対しての%)

コットン:8%
ウール:16%

 

ウールの吸水率は、
コットンの2倍!

 

ということは、

仮に、コットンの靴下が
8時間で限界に達してしまうとしたら、
ウールなら16時間で限界になる。

16時間は快適に過ごせる

ということです。

汗っかきの人、
コットンの靴下で足が冷たくなってしまっている人、

 

是非ウール(毛)の靴下を履いてみてください!

 

汗が原因の足冷えを
きっと解決できますよ!

 

寒い冬でも、
足はたくさん汗をかいています。

 

汗をしっかり吸って
逃してくれる素材の靴下を履けば、
足が冷えることなく、足あたたか!

是非、快適な冬をお過ごしくださいね!

キッドモヘアとサーモヘアソックス

アンゴラヤギの【1才までの子ヤギだけの毛】がキッドモヘア。サーモヘアソックスは、この特別な希少繊維を贅沢に使った最高品質の靴下です。

極上の肌触り
サーモヘアの靴下をぜひ触ってください!キッドモヘアの特別な柔らかさなめらかさ、ウールのようなチクチク感がない抜群の肌ざわりは本当に特別!!
自然な暖かさ
天然の調温・調湿を持つモヘア繊維。汗をよく吸い、ムレません。内側全面5mmパイルが暖かい空気を貯め込み、ほっこりとした快適な暖かさが続きます。
とても丈夫
サーモヘアの靴下は本当に丈夫!私が初めて買ったサーモヘアソックスは、5年以上もヘタらず普通に使っていたんです^^
洗濯機洗いOK!
獣毛の中で最も頑丈なモヘアだから、特別なお手入れなんていりません。
気軽にガンガン使ってくださいね

もっと詳しく »