靴下の洗濯方法で差が出る、足の臭い

こんにちは!!
サーモヘアソックス店長の横山です^^

足の臭いに悩んでいる方、
多いですよね?

お食事や飲み会の席で、
靴を脱がなければならない
シチュエーションのとき

「ああ、臭わないといいなぁ。。。」
なんてヒヤヒヤしたり、

「気が付かないでいてもらいたい」
なんて、こっそり
祈ったりしていませんか?

足が匂うのは、
もともとの足が臭いのではなく、
靴下の洗濯の仕方が
間違っているのかもしれません。

2020年2月19日のNHKガッテンで
紹介されていた、足の匂いと靴下の関係。

靴下のどこに
どんな汚れがたまりやすく、

清潔に保つためには
どのように洗ったらよいかが
紹介されていたので、
かいつまんでご案内しますね!^^

足が臭いのは、靴下のせいだった?!

靴下って、
靴下表側の汚れや毛玉に
目が行きがち。

確かに、
靴を脱いだ時、
靴下表側に黄ばみや毛玉があったり、
くたくたに伸びた感じがあると
清潔感が一気にダウン。

だから、
表側の汚れや毛玉をとることに、
気持ちが行きがちですよね?

でも、実際は、
一日中履いた後の靴下は、
靴に接している表側より、
足に接している内側のほうに
皮膚の角質やタンパク質など
落ちにくい汚れが付着しているんです。

タンパク質の汚れには、
菌が繁殖しやすいため、

放っておくと、
あの、

いや~っな足の臭い が発生!

 

化繊の伸縮糸は汚れをためやすい

タンパク質の汚れがたまるのには、
もう一つ理由があります。

靴下は、もともとは
1本の糸を筒状に編んで
靴下にしていました。

でも、
それではフィット感はイマイチで
動いているうちに
靴下が徐々に
ずり下がってきてしまいます。

今から70年ほど前に、
ナイロンなど化繊の伸縮糸が開発され、
木綿糸やウール毛糸と
一緒に編むようになって

靴下は動いてもずり下がらない、
快適な「今の靴下」になったんです!^^


でもでも、
伸縮糸は文字通り、
伸びたり縮んだりするモノだから、、、

伸縮糸に
いったん汚れが入り込むと、
洗い落としにくいのです。

その結果、
靴下を繰り返し履いているうちに
徐々にこのたんぱく質の汚れが蓄積され

一日中履いていると
蒸れた靴の中で、菌がどんどん繁殖して、
靴を脱いだ時に

くっさ~~い!><

ってことになります。。。

この臭いをなくすには、
菌が繁殖しやすい
たんぱく質の汚れを
しっかり洗い落とすことが大切!

“裏返し洗い”でニオイ激減

この臭い匂いとおさらばする
洗濯方法は、

靴下を裏返しで洗うこと!

靴下を裏返して洗うと、
落としにくいタンパク質の汚れは
洗濯機の中で
他の衣類と擦れ合うことによって、
落ちやすくなります。

また、
靴下表側は内側になるため、
洗濯機で洗濯した時、
摩擦が少ないため、
毛玉ができにくいんです。

干すときは、
裏側のまま自然乾燥!

そうすれば、
靴下表側の色褪せも防げます!!

ガッテンのページで
表のまま100回洗濯した靴下と
裏返して100回洗濯した靴下が見れます。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20200219/index.html

洗い方の違いで、
臭いも軽減出来て
靴下を長く使えたら、
こんなにうれしいことはないですよね?!^^

さて、
サーモヘアの靴下の洗濯方法も同様です!

サーモヘアの靴下は、
内側が全面パイルなので、
肌に化繊の伸縮糸が
触れることはありませんが、、、

裏返してネットに入れて
洗濯機で普通に洗って、
しっかり脱水。

裏返しのまま、
プルプルっと振ってから干すと、

パイルの一つ一つに
空気が入り、ふっくら!

モヘアの靴下は、
抗菌効果もあるため
菌の繁殖を防ぎ、
防臭効果にもあります。

キッドモヘアとサーモヘアソックス

アンゴラヤギの【1才までの子ヤギだけの毛】がキッドモヘア。サーモヘアソックスは、この特別な希少繊維を贅沢に使った最高品質の靴下です。

極上の肌触り
サーモヘアの靴下をぜひ触ってください!キッドモヘアの特別な柔らかさなめらかさ、ウールのようなチクチク感がない抜群の肌ざわりは本当に特別!!
自然な暖かさ
天然の調温・調湿を持つモヘア繊維。汗をよく吸い、ムレません。内側全面5mmパイルが暖かい空気を貯め込み、ほっこりとした快適な暖かさが続きます。
とても丈夫
サーモヘアの靴下は本当に丈夫!私が初めて買ったサーモヘアソックスは、5年以上もヘタらず普通に使っていたんです^^
洗濯機洗いOK!
獣毛の中で最も頑丈なモヘアだから、特別なお手入れなんていりません。
気軽にガンガン使ってくださいね

もっと詳しく »