モヘアソックスの柔らかさ・肌触りを保つには

肌触りの柔らかさから、
モヘアソックスはお手入れが大変なんじゃないか
と思われているお客様が多いようです。

「モヘアソックスは高価だから、大切に使いたい」
おしゃれ着洗いで、手洗いしている方もいらっしゃると思いますが、、、

そんな 丁寧な扱いは不要!

実は、柔軟剤が入っている
おしゃれ着洗い用の洗剤ではなく、
普通の中性洗剤のほうがいいくらいなんですよ。^^

洗剤は何を使ったらよいの?

サーモヘアソックスの糸は、撚りが強い丈夫な糸です。

もともとモヘア繊維が滑らかなうえに、
強い撚りの糸は肌あたりがつるつるします。

しかもパイルスタイルのモヘアソックスは、
底パイルで足裏が滑る感じがあるんです。

柔軟剤が入っている洗剤だと、
さらに滑らかな感じに仕上がってしまうのです。

柔軟剤が入っていない中性洗剤がお勧め

モヘアソックスは、柔軟剤が入っていない中性洗剤で、
履く+洗うを繰り返すことによって、こなれて、
足裏のあたりも滑る感じがなくなって落ち着いてきます。

柔軟剤が入っていない洗剤でも、
柔らかさは変わりません。

弱アルカリ性の洗剤は?

弱アルカリ性の洗剤で洗ったモヘアソックスは、
はじめのうちは特に違いは出てこないのですが、
一年くらい経過したものを比べてみると、
中性洗剤で洗った靴下に比べて、
多少編地が硬くなってきます。

長く柔らかさを保つためには、中性洗剤をお使いくださいね!

洗濯機通常モード、しっかり脱水後、吊り干し

  1. お洗濯ネットに入れて、30度以下の水で通常モードでお洗濯(漂白剤は使用不可
  2. しっかり脱水して、自然乾燥。(乾燥機は厳禁、生地が硬くなります

モヘアは吸水に優れた素材。
しっかり脱水してなるべく水気を飛ばしてください。
乾きが早くなります。

干すときに、モヘアソックスの
つま先をつまんでプルプルっと振ると、
パイルに空気が入って、ふっくらと干しあがりますよ。^^

通常のお手入れはたったこれだけ!

 

以下、モヘア繊維の特有の注意点です。

毛が抜けるんですが、、、

製造工程で切れてしまったモヘア繊維は、
使用しているうちに、摩擦などの負荷により、
撚糸から抜け落ちてきます。

ウール(羊毛)の場合、
ウール繊維のキューティクルはとっかかりがあって、
切れた繊維もお互いに絡み合って抜けません。

モヘア繊維のキューティクルは滑らかな分、
抜けてしまうのです。

以下、モヘア繊維とウール繊維の顕微鏡写真。
モヘアのキューティクルは滑らかで薄く、
ウールのキューティクルは厚みがあり、
反り返っていることが分かります。

モヘア繊維は永遠に抜けていくのではなく、
数回の洗濯の後、落ち着いてきます。

大きな毛の玉は、
あんまりごろごろするようでしたら、
とってくださいね。編地が薄くなることはありません。

新品のモヘアソックスの洗濯は、

上記のようなモヘア繊維の特有の性質。
新品のモヘアソックスを洗った際に、
毛が抜けて、他の洗濯ものにくっつく場合は、
しばらくは単独でお洗濯してください。

モヘアソックスは使い込むほどに柔らかく~

デモ販売をしていて、お客様が驚かれるのは、、、

新品のモヘアソックスより、
一年使用したモヘアソックスのほうが
断然肌ざわりが良いこと!

まさに、
使い込んだコットンタオルやジーンズと同じですね。

天然繊維だから、使いこんでいくと、
さらに使い心地が良くなっていきますよ~^^

キッドモヘアとサーモヘアソックス

アンゴラヤギの【1才までの子ヤギだけの毛】がキッドモヘア。サーモヘアソックスは、この特別な希少繊維を贅沢に使った最高品質の靴下です。

極上の肌触り
サーモヘアの靴下をぜひ触ってください!キッドモヘアの特別な柔らかさなめらかさ、ウールのようなチクチク感がない抜群の肌ざわりは本当に特別!!
自然な暖かさ
天然の調温・調湿を持つモヘア繊維。汗をよく吸い、ムレません。内側全面5mmパイルが暖かい空気を貯め込み、ほっこりとした快適な暖かさが続きます。
とても丈夫
サーモヘアの靴下は本当に丈夫!私が初めて買ったサーモヘアソックスは、5年以上もヘタらず普通に使っていたんです^^
洗濯機洗いOK!
獣毛の中で最も頑丈なモヘアだから、特別なお手入れなんていりません。
気軽にガンガン使ってくださいね

もっと詳しく »