希少素材キッドモヘアが特別な訳

元々ヒマラヤの高地に生息していたアンゴラヤギの1歳までの子ヤギから刈られる初毛だけを、特別に「キッドモヘヤ」と呼びます。

子ヤギ独特の細く柔らかな毛は、ふわふわで抜群の暖かさ。

キッドモヘヤは、柔らかな子ヤギの毛でありながらモヘヤの素晴らしい特性を併せ持つ、特別な繊維なのです。

アンゴラヤギから刈られる毛「モヘヤ」

アンゴラ山羊はもともとチベットやヒマラヤの高地などの寒冷地に生息していたヤギ。
このアンゴラ山羊から刈られる毛が「モヘヤ」と呼ばれます。

アンゴラ山羊は生まれ時から毛穴の数が決まっており、年齢とともに毛穴が大きくなって繊維が太くなっていきます。

若いアンゴラ山羊の毛は繊細で非常に柔らかいため高級アパレルなどに、成長した山羊の毛は太くより強くなるので男性用の高級スーツやコート、カーペット類など、より強度と美しさを求められる製品に用いられます。

希少繊維モヘアの初毛「キッドモヘヤ」

アンゴラ山羊のモヘヤは全生産量が世界の天然繊維生産量の0.05%以下ととても希少。

中でも、キッドモヘアと呼べるのは生後1年未満の子山羊から刈り取った初毛だけ。
その特別に細く柔らかなモヘアは、収穫量が極めて少なく(アンゴラ山羊モヘア全収穫量の約1/6程度)、モヘヤグレードの中で最も高価で珍重されています。

ミクロカウントはカシミアに近く(25~27ミクロン)、カシミアのような柔らかさとモヘアの強さを持ち併せます。

モヘヤ繊維の滑らかさの秘密

モヘヤ繊維は、ウール繊維と違って、キューティクルのうろこが逆立っておらず、繊維に対して限りなく平らで滑らか。

だからウールのようにチクチクせず、とても滑らかで優しい肌ざわり。

また、ウールなどの獣毛が、取れない毛玉になりやすいのは、この立ち上がったキューティクルが絡み合うから。
縮んだりフェイルト化してしまうのも、濡れるとキューティクルがより浮き上がるため繊維同士が強く絡み合い結合してまうからでですが、、、

キューティクルが限りなく平らでなめらかなモヘヤは、キューティクル同士が絡むことが極めて少ないために、縮んだりフェイルト化してしまう事が殆ど無いのです。

丈夫-スチールよりも頑丈

世界中の獣毛の中で、もっとも頑丈な繊維が「モヘヤ」!!

同じ直径のモヘヤ繊維とスチールとを比べた場合、実はモヘヤのほうが頑丈。スチールよりも強く、編み機や織機をすり減らしてしまうほど丈夫なことから、【ダイヤモンド・ファイバー】と呼ばれています。

モヘアの優れた断熱性

ウール同様、繊維の1本1本が筒状で、中が空洞になっています。

外気温を伝導しない断熱性と内側の湿気を逃がす放湿性に非常に優れた繊維ですから、蒸れることなく心地良い履き心地を保ちます。

モヘアの弾力性

モヘヤはとても弾力性に富み、元の長さに対して30パーセント引き伸ばした後、元の形に戻ることができます。

また、皺になりにくく、伸びきったり、緩んだり、たるんでしまうことがありません。

様々なシーンで珍重されるモヘア

モヘヤの優れた光沢と発色性、なめらかでソフトな質感、優れた吸湿性から、夏には軽く涼感に優れた製品に用いられ(夏物紳士服地など)、冬には軽く保温力に優れた素材として珍重されています。

他の獣毛と混合され、スーツなどの高級アパレル素材、劇場のカーテンなどの豪華なインテリア素材、高級車の内装など、さまざまなものに使用されています。