モヘアとウールの違い

ウールは羊から刈られる毛、モヘヤはアンゴラヤギから刈られる毛。

モヘヤ繊維は特別な加工をしなくても、縮みやフェルト化、獣毛にありがちなチクチク感もありません。

同じ獣毛ですが、その特性にはかなり違う部分があるのです。

なぜ、チクチクしないの?

繊維の断面(キューティクル)

  • 右のウール繊維 – キューティクルが高く浮き上がり、角が鋭角。
  • 左のモヘヤ繊維 – キューティクルは繊維に対して限りなく平らで、角もなく滑らか。

この鋭角に浮き上がるキューティクルが、皮膚に当たるのがチクチクの原因 。

キューティクルの形状の異なるモヘアは、肌触りが滑らかでチクチクしないのです。

なぜ、縮まないの?

ウール繊維の浮き上がったキューティクルが、濡れたり擦れたりしたときに引っかかり、繊維同士が絡み合い固まってしまうのが、縮んだりフェルト状になる原因。

滑らかなモヘア繊維は、キューティクル同士が引っかかることがないので、縮んだりフェルト状になる事がないのです。

モヘアは毛玉にならないの ?

モヘヤはキューティクル同士が絡む毛玉は出来にくいのですが、、、

モヘヤは撚糸にする際に多量の遊び毛(繊維に繋がっていない死毛)が出ますが、これは取り切れるものではなく、撚糸に絡んでいます。そのまま製品に。。。

ウールなどのように絡みやすい毛では、この遊び毛は絡んだままになるのですが、モヘヤはその滑らかさゆえに擦れたり使用しているうちに遊び毛が固まった毛玉になります。

  • ウールの毛玉 = 繊維に繋がった毛が絡む。取る事で繊維が痩せてしまう。
  • モヘヤの毛玉 = 繊維に繋がらない死毛がまとまる。取っても何の影響もない。

するっと取れるモヘヤの毛玉。気にせず取って下さいね。