サーモヘアソックス誕生秘話

アンゴラヤギのあったか 靴下 が誕生するまでの物語。

Thermohair Inc.はカナダでアンゴラ山羊の毛を使って靴下を作っている会社です。
創始者テリッサ・ベジュロンがこの素晴らしい靴下を作り上げるまでの歩みを簡単に紹介させて頂きます。

アンゴラ山羊との出会い

1983年2月 サーモヘア社創始者テリッサ・ベジュロンは、カナダのサウスマウンテン村(オタワの南50キロに位置する山ではなく、とても平坦な場所)で、当時、希少で特殊な種類のアンゴラ山羊を4頭購入しました。

80年代、テリッサはアンゴラ山羊を育て、アンゴラ山羊の原毛を地元紡績工場に販売し、繁殖用のヤギを国内外に販売していました。

繁殖用のヤギのコンテストでも金賞を取るくらい、よいオス山羊を作出していましたが、モヘア繊維の需要は、ファッショントレンドにも左右され、事業の運営は難しいモノでした。

アンゴラヤギの毛「モヘア」の良さである、丈夫さ、温かさ、柔らかさは、まさに足にぴったりだと思ったテリッサは、ファッショントレンドやカラーなどに左右されないシンプルな靴下を生み出したいと思いました。

Spinning(紡績)

90年代初頭、カナダには、靴下用としてウールや合成繊維は扱ったことがあるけれど、アンゴラ山羊の毛「モヘア」を扱った経験のある紡績工場は皆無でした。幸運にも、カナダの主都市トロントに ある大きな紡績工場の社長の援助と努力を得、初めて靴下用のモヘア撚糸(毛糸)を紡ぐことに成功しました。

当時彼が言った言葉です。

「テリッサ、君はなぜこのように美しい毛を足だけに使うのか?」

こうして初めての靴下用の毛糸が完成しました。

Knitting(編み)

アンゴラヤギの毛モヘアは天然の高級素材。

当時服飾業界では、アンゴラ山羊モヘアはこの特別な素材感を見せるために帽子や上着に使用するもので、靴下などに使うものではないと考えられてきました。

しかし、編みの担当であった1人の職人が、この靴下の素晴らしさをいち早く認め、従来の靴下編機を改造して、難しい素材と言われるアンゴラ山羊モヘアも扱えるようにしました。

扱いにくい素材だからこそ、手間を惜しまないことで、素晴らしい品質の靴下が誕生したのです。

そして今

1992年以来、この靴下は北米では「Thermohair」の商標で登録され現在に至っています。

もともとカナダで糸を作っていましたが、工場の閉鎖や生産量の増加とともに、イギリス、その後南アフリカの糸工場で、糸を加工し、カナダの工場にて靴下を生産してきました。

生産量は増加し続け、2019年、南アフリカの糸工場の働きかけで、最新の機械を導入して、南アフリカの靴下工場でもサーモヘアソックスの生産がはじまりました。

使い捨て社会と言われた北米で 「 良いものを作りたい 」 というテリッサのただひとつの願いから生まれたサーモヘアソックス。

これからもより多くの方にこの素晴らしいソックスをお届けしたいと思っております。