アンゴラ山羊の歴史

アンゴラ山羊はもともとチベットやヒマラヤの高地に生息していましたが、 数千年前に遊牧民によりトルコへ運ばれたと考えられています。

遊牧民によりトルコにやってきた(と伝えられている)アンゴラ山羊。
18世紀の中頃までは、オスマントルコが独占してアンゴラ山羊の飼育、改良に努めてきました。

オスマントルコは、世界中のアンゴラ・モヘアの取引を独占するために、 オスのアンゴラ山羊はすべて虚勢してから輸出したと伝えられています。

当時のオスマントルコは、アンゴラ・モヘアが他の獣毛を卓越した特質を持つ素材であることを十分に理解していたのですね。^^

1838年、南アフリカがアンゴラ山羊の繁殖に成功します。 彼らが輸入した山羊の中に、たった1頭だけ妊娠しているメスがいたためと伝えられています。

1849年、最終的に農業目的で使用する低木林地の処理のために 初めてアメリカに輸入されました。ユコンゴールドラッシュ当時は探鉱者たちに肉や衣服を供給するソリを引くなどの 作業にも使われました。

カナダでは20世紀の始まり頃までアンゴラ山羊がいましたが、その需要が衰退するとともにアンゴラ山羊は姿を消していきました。

1970年代初頭、また何頭かのアンゴラ山羊がアメリカから輸入され、今日でも私たち(Thermohair Inc.)とともにカナダで暮らしています。

アンゴラ山羊モヘアは世界の産物。その需要と供給は世界の天候パターン、政治、ファッション需要により変わります。 現在モヘアの世界2大生産地は南アフリカと米国テキサスです。

干ばつがあれば山羊が死に、政治不安により、山羊が殺されます。 アメリカ政府がウール・モヘヤ産業への助成を打ち切った際、たくさんの山羊が殺されました。

1990年代初頭にはアメリカには2,000,000頭のアンゴラ山羊がいましたが、 アメリカン・モヘヤ・カウンシルの推定によると、1999年には370,000頭にまで減少してしまったそうです。